受付締切
専門系教科研究会(技術・家庭、家庭)「講演会」 日常生活の「あたりまえ」を問いなおす  ジェンダー視点で考える家庭科教育

専門系教科研究会(技術・家庭、家庭)では、ジェンダー論がご専門の近藤凛太朗氏をお迎えして表題のようにジェンダー視点で考える家庭科教育についての講演会を開催いたします。

家庭科はその扱う範囲が多領域に亘り、生徒たちの生きる力を育てるために重要な内容が多く、ジェンダー問題もそのひとつです。高等学校家庭科が男女必履修となり四半世紀を過ぎ、SDGsに関する取組も各方面で求められている中、改めてジェンダーについて正しく理解する必要があると考え計画いたしました。また、多くの示唆や刺激を受ける機会となるよう、講師と参加者との間で意見交換をする時間も設ける予定です。

コロナ禍での対応に苦慮が続く中とは存じますが、有意義な会といたしたく、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時

 令和3年6月26日(土)14:00~16:00(ログイン受付13:45~)

会場

 オンライン Zoomミーティング

講師

 近藤 凜太朗 氏 ジェンダー研究者、日本学術振興会特別研究員DC

演題

 日常生活の「あたりまえ」を問いなおす:ジェンダー視点で考える家庭科教育

参加費

 無料

申込方法

6月17日(木)までに、参加申込みフォームからお申込みください。

オンライン研修にあたってのお願いと注意事項をご確認の上、お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

参加方法

 6月18日(金)以降、申込時にご入力いただいたアドレス宛に、Zoom登録用のURL等、本研修会参加に際して必要な事項を記載したメールをentry@tokyoshigaku.comよりお送りします。

 6月23日(水)までに届かない場合はご連絡ください。

準備品

 Zoomミーティングでの研修会となりますので、ウェブカメラとマイク、スピーカーが接続・内蔵されているパソコンやタブレットをご準備ください。

実施案内 


研修情報一覧に戻る

研修カテゴリー・テーマ

一般財団法人
東京私立中学高等学校協会
東京私学教育研究所

〒102-0073
千代田区九段北4-2-25 私学会館別館4F
キャラクター