受付中
プロジェクト部会(生徒の安心・安全)/生徒指導研究会「研修会」 個別最適化 ~生徒理解に生かす発達障害の視点~

当協会東京私学教育研究所では、学校教育全体を研究テーマとした「プロジェクト部会」を令和4年度より設置し、急速な社会の変化にあわせるべく臨機応変な運営体制を目指しております。
文科省の最新調査では、通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒は、小中学校では8.8%、高校では2.2%ということが明らかになりました。
私学においても、対応の丁寧さを期待して入学する生徒・保護者に応えるべく、日々奮闘されている先生方も多くいらっしゃると存じます。
髙橋先生は、多くの私立中高に携わっていらっしゃいます。私学での多様な特性のある生徒への対応のあり方や指導の工夫、事例を用いたワーク等も交えながら学べる大変貴重な機会になることと思います。多くの先生が日常の中で今まで通りの指導では難しいと感じる場面の解決や合理的配慮の提供にも道筋が見えるのではないでしょうか。是非、多くの先生方のご参加をお待ちしております。

日時

令和5年2月24日(金)18:00~20:00(受付17:30~)

会場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

講師

早稲田大学教職大学院 教授 髙橋 あつ子 先生
画像1.png

千葉大学卒業、横浜国立大学大学院教育学研究科修了。公立小学校において、重度重複障害児学級、障害児学級、通常学級の担任を経験。その後、総合教育センター指導主事として教育相談、特別支援教育の体制整備に携わる。2006年より早稲田大学教育学部非常勤講師(兼業)、2007年に公立小学校教頭を経て、翌2008年より早稲田大学大学院教職研究科准教授。2015年に教授、2017年より改組のため早稲田大学大学院教育学研究科教授。主な著書に、『私学流 特別支援教育 面倒見の良さ、丁寧さに特別支援の魂を込める』2018学事出版、『私学流 多様性をインクルージョンする』一ノ瀬秀司共同編2022 学事出版

演題

個別最適化 ~生徒理解に生かす発達障害の視点~

定員

50名

参加費

無料

申込方法

2月15日(木)までに、下記の参加申込みフォームからお申込みください。

実施案内 


参加申込みフォーム


研修情報一覧に戻る

研修カテゴリー・テーマ

一般財団法人
東京私立中学高等学校協会
東京私学教育研究所

〒102-0073
千代田区九段北4-2-25 私学会館別館4F
キャラクター