終了
芸術体育系教科研究会(保健体育)「講演会」ーすぐに授業に活かせる性教育ー 

芸術体育系教科研究会(保健体育)では、産婦人科医で臨床心理士の吉野一枝先生をお迎えして講演会を開催します。

保健体育の中でも、「思春期と健康」を扱うことは特に重要です。思春期の生徒たちに性について何をどのように伝えるべきなのか、また男性教諭が女子生徒へ、女性教諭が男子生徒へ授業する場合の難しさなど日々悩みながら授業をされている先生方も多くいることと存じます。そのような先生方に、すぐに授業に役立つ情報や性教育のポイント等をお話しいただきます。

校務ご多忙の折かと存じますが、保健体育の先生方はもちろんのこと、思春期の生徒と向き合っている多くの先生方のご参加をお待ちしております。

会場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

講師

プロフィール写真.JPG吉野 一枝 先生 (産婦人科医・臨床心理士。よしの女性診療所院長。)

高校卒業後、フリーター、CM制作会社を経て、32歳で帝京大学医学部入学。

著書に「母と娘のホルモンLesson」(メディカルトリビューン)、共著に「娘に伝えたい ティーンズの生理&からだ&ココロの本」(かもがわ出版)など

内容

すぐに授業に活かせる性教育

「男性・女性のからだの仕組み・違い」(思春期と健康、性意識と性行動の選択、月経 等)

定員

40名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

参加費

無料

申込方法

11月18日(木)までに東京私学教育研究所ホームページにてお申込みください。

実施案内 


研修情報一覧に戻る

研修カテゴリー・テーマ

一般財団法人
東京私立中学高等学校協会
東京私学教育研究所

〒102-0073
千代田区九段北4-2-25 私学会館別館4F
キャラクター