受付中
令和5年度「私学教員のための組織マネジメント研修」 

 当研究所では今年度も学校組織の中で校務分掌や学年などの単位においてリーダー的役割を担う先生方を対象とする「私学教員のための組織マネジメント研修」を実施する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
 当研究所では、中堅現職研修のテーマとして、2年前より「私学教員のための組織マネジメント研修」を実施してきました。第1回は、「建学の精神や組織の上位目標を組織としてどのように実現していくか」。第2回は、「それぞれの部門においてリーダーシップを発揮するにはどうあるべきか」。そして、今回は、「部門のリーダーが他のメンバーに対するコミュニケーション力をどう向上させていくか」に焦点をあてて研修を実施します。
 私立学校は、それぞれの高度な専門家が、人の入れ替わりが少ない職場でキャリアを積む組織です。
 それゆえ、メンバーの関係性の良否が、職場の一体化、そして、組織目標の成功の条件です。研修に参加される先生方には、コミュニケーション力の向上を意識し、現場で活用できるよう具体的な方策を考察していただきます。自己のステップアップを主眼とした研修です。
 ご多忙の折とは存じますが万事お繰り合わせのうえ、多くの皆様がご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時

令和6年3月26日(火)~27日(水)
開会1030 (受付1000より)(現地集合・現地解散)

会場

ミナカ小田原 コンベンションホール

日程

中堅画像1.png

研修プログラム概要

【講義/グループセッションなど】

グループセッションや自己対話を通じての思考や思索を経て、自校組織に合ったマネジメントやチームに合わせたコミュニケーションの発揮の仕方について理解を深めます。

参加された先生方同士でグループセッションを行い、現場でどのようにいかしていくかを考察してもらいます。職場に適合するコミュニケーションのあり方を模索していきます。新たな出会いを通じて、多くの議論を楽しんでください。

モチベーター® 野津 聡
中堅画像2.jpg

プロフィール:()アド・ベストでの営業マネージャー、やる気発電所のモチベーター🄬、NPO法人パーソナル・ブランディング・ジャパンの代表理事、ISD個性心理学マスターインストラクターとして、個性3分類やブランディングの技法を通した「良質なコミュニケーションのありよう」をライフワークとして伝え続けている。

野津氏のコーディネートのもと、現場レベルで実践していくための、コミュニケーションの勘所を学んでいただきます。
研修にはペアやグループでのセッションを多めに盛り込み、「ジョハリの窓」*で言われる「自己開示」と「フィードバック」を重ねるスタイルを取りいれます。さらに、個性3分類や身近な才能発見の観点からも、自己とグループ構成メンバーの個性と才能に深く気づき、参加者それぞれのブランディングにつなげていきます。
最終的には、自分らしさを生かしつつ、相手に合わせた良質なコミュニケーションが取れることをより意識することで、翌日から現場で十分に生かしていただくことを目指します。
*ジョハリの窓
コミュニケーションの円滑な進め方を模索するためのツールとして提唱された心理学モデル。
「対人関係における気づきのグラフモデル」を用いて、他者との関係から自己への気づきを促す。

参加対象

部長、主任職などグループリーダーとしての役割にある方
(教務部長、広報部長、学年主任、教科主任など)
または準じる方(次年度よりその役職になる予定の方など)

定員

35名(申込先着順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

参加費

25,000円〔宿泊費等(1泊2日4食・シングル利用)・税込み〕
(その他の費用は当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております。)

 ※申込時にご入力いただいたアドレス宛に「参加費のお支払い」
「参加にあたってのお願い」について等、必要な事項を記載したメールをentry@tokyoshigaku.comよりお送りします。

申込方法

3月12日(火)までに、下記の参加申込みフォームからお申込みください。

実施案内 


参加申込みフォーム


研修情報一覧に戻る

研修カテゴリー・テーマ

一般財団法人
東京私立中学高等学校協会
東京私学教育研究所

〒102-0073
千代田区九段北4-2-25 私学会館別館4F
キャラクター