平成24年度 教頭部会のご案内

2012-05-11

申し込みは終了しました。

中高一貫教育は、かつては私学の独壇場の状況でしたが、最近の公立学校における中高一貫教育の実施や、授業料無償化等、私学を取り巻く環境は厳しいものがあります。

さらに、私学には日々の業務に様々な課題が山積していますが、皆様はそれらの問題に最前線で当たる管理職として、日夜奮闘されていることと思います。

昨年の教頭部会で実施した保護者からのクレームの問題や、教職員の時間外労働の問題等、日々の業務を執行していく上で、頭を悩ませながらも対応されていることでしょう。

そこで、今回は、私立学校における労働条件の不利益変更、時間管理、労働組合対応等の労働問題のお話しを、弁護士として使用者側で対応する業務を主として行っている中町誠弁護士にご講演をお願いしました。

また、私学にとっての中学入試の持つ意味や、入試方法の変遷と多様化等について、中高の学校や入試等の情報の収集・分析・発信を行っているアクセス教育情報センターの浅見均所長にお話しをお伺いいたします。

この会が上述の問題解消の場として、また情報交換の場として、更に新たなネットワーク作りの場として、少しでも皆様のお役に立てればと願っております。

お忙しい折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、お一人でも多くの皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

                                 記

1.研究目標  私学が直面する身近な課題 ―労務管理と私学の存在意義― 

2.会  期  7月28日(土)・29日(日)・30日(月)の2泊3日(現地集合・現地解散)

3.会  場  山翠楼(神奈川県奥湯河原温泉)

4.参加対象  副校長、教頭及びこれに準ずる教諭 

5.募集定員  60名 

6.参加費  1名につき 49,000円(3名1室利用。宿泊費〈2泊5食〉、資料印刷費、懇談会費) 

7.日  程  7月28日(土)13:00受付開始  13:30より開会式

         7月30日(月)11:30閉会式終了予定

実施案内はこちら

会場案内図はこちら