平成29年度 夏期教務運営研究会のご案内

2017-05-11

お申し込みを締め切りました。

平成29年度の夏期研究協議会教務運営研究会のご案内をいたします。

「高大接続システム改革会議」最終報告と次期中学校学習指導要領が公表され、教育改革の方向性が概ね明らかになってきました。各学校では対応を進めていらっしゃることと存じます。

このような状況で関心事となる「大学入試改革の方向性」と「次期学習指導要領での教育活動と新たな評価のあり方」が今回の研修テーマと考え、二名の方に講演をお願いしました。

今年度大学入試センター審議役に就任なさった大杉住子様はこれまで文部科学省で教育課程企画室長を務めていらっしゃいました。そして、大学入試センター副所長の大塚雄作先生は京都大学で教育評価についての研究を重ねてきた方です。このお二人のご講演を通じて、これからの大学入試問題の動向を探るとともに新たな評価方法についての知見を深めたいと思います。

また分科会は、様々な学校間での情報交換によって、教育改革のヒントや各学校で抱えている問題の解決策を見出す機会としていただいております。

先生方にとりましても、先生方の学校にとりましても有意義な研修になることと存じます。ふるってご参加いただきますようご案内申し上げます。

1.研究目標   学習指導要領と私学の教育

・教育改革の及ぼす影響と新たな評価方法の検討

・教務運営上の諸問題



2.会  期   8月1日(火)・2日(水)・3日(木)の2泊3日(現地集合・現地解散)

3.会  場   かずさアカデミアホール・オークラアカデミアパークホテル http://www.kap.co.jp/

4.参加対象   教務関係教職員等

5.募集定員   100名(参加申込みが100名を超えた時点で、締切ります)参加は1校3名までとします。

6.参 加 費   1名につき44,000 円(2名1室利用。宿泊費〈2泊5食〉、資料印刷費)

6月27日(火)でお申込みを締め切りました。

実施案内はこちら