5/11(金)~11/19(金)実施 教相「教師のための生徒理解と関係づくり講座-実践編-」

2019-02-14

昨今、いじめや不登校ばかりでなく、対人関係やコミュニケーションの問題、SNSトラブル、発達障害が関係する問題など、
さまざまなことが教育の現場でおこっています。
また、学校に協力的な保護者ばかりではなく、その対応も難しくなってきています。
教師が「生徒理解と関係づくり」の力量を高めることは、生徒と保護者に安心感が生まれ、
教師にはゆとりが生まれて、状況が改善することにつながります。
本講座は、関係づくりに有効な面接練習等の演習を中心とした研修によって、日常の会話と関係づくりの対話の違いを理解し、
教師として役に立つカウンセリング的アプローチを身につけ、信頼関係を築けるようになることを目指します。
研修を終えた先生方からは、「自分の面接のくせを知ることができた」、「生徒の気持ちが分かるようになり授業の質も向上した」、
「保護者との面談が苦にならなくなった」等の感想を頂いております。
長期間にわたる講座ですが、実り多き研修となり、また仲間づくりにもなる良い機会となるかと存じますので、
みなさんの積極的な参加をお待ちしております。
 
 
            記
 
参加対象: 特に限定しません。(初任者から中堅教員、管理職の方まで参考となる内容です)
 
 
1.研修目的
 関係づくりの力量向上を目指すこと
 
2.募集定員
 30名(電話予約による先着順で締め切り、中高併せて1校3名まで)
 
3.研修会場
 (1)通期研修 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
 (2)夏期集中研修 レクトーレ湯河原
 
4.研修期間
 (1)通期研修 5月10日(金)~11月8日(金) 全10回(18:00~20:30)
 (2)夏期集中研修 8月9日(金)~8月11日(日)   2泊3日
 
5.研修費
 62,000円(通期研修の資料印刷費、夏期集中研修の宿泊費〈2泊7食〉など)
 ※その他の経費は、当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております。
 
6.付記
 (1)講座の内容が一連のものであるため、欠席・遅刻・早退はご遠慮ください。
 (2)本講座の全日程終了後、当協会研究所より「受講証書」を発行いたします。
 
 
実施案内はこちら