生徒指導研究会「講演会」 ソーシャルメディア世代のコミュニケーションの実態について

2012-01-12

当研究会では、今回、株式会社ガイアックスより杉之原明子氏をお招きし、「ソーシャルメディア世代のコミュニケーションの実態について」との演題で、講演会を開催いたします。
昨年11月末、学校裏サイトなどで10代の青少年が犯罪に巻き込まれるケースが後をたたないことを受け、文部科学省ではネット監視を強化する方針を固めたことを発表しました。また一方では、ソーシャルメディアの普及は著しく、学校広報やコミュニケーションの在り方も変化してきています。
本研修会では、「ソーシャルメディアとは」等の基礎知識や、インターネット利用における可能性と、リスクの対策について事例を交えながらご講演いただきます。後半では、ご参加いただいた先生方で情報交換の時間を設け、学校としてどのような対応ができるか探ります。
校務ご多忙の折とは存じますが、多数の先生方のご参加をお待ち致しております。

              記
1.日 時  平成24年2月27日(月) 午後5時30分~7時30分

2.場 所  アルカディア市ヶ谷(私学会館)

3.演 題  「ソーシャルメディア世代のコミュニケーションの実態について」~学校の対応・対策について考える~

4.内 容

  ・ソーシャルメディアの現状について知る

  ・ソーシャルメディアの活用事例とリスク(炎上発生とその対応)

  ・企業のソーシャルメディアポリシーの現状と今後の流れ

  ・情報交換

5.講 師  株式会社ガイアックス  杉之原 明子 氏

6.定 員  70名 (定員に到達次第、締め切りとなります)

7 .参加費  無 料

実施案内はこちら