環境教育研究会「講演会」のご案内

2013-09-05

                 ― 宇宙からみえる地球の未来 ―

初秋の候、先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、環境教育研究会では、秋山豊寛先生を講師にお迎えして、宇宙から帰還してみえた地球の未来に

関するご講演をいただきます。                                    

先生方の大変参考になる講演会となることと存じますので、お誘い合わせのうえ是非ご参加くださいますよう

ご案内申し上げます。

                             記

 1.日時  平成25年10月3日(木)17:30~19:30 (質疑応答を含む)

 2.会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

        千代田区九段北4-2-25 ℡03-3261-9921※裏面案内図をご参照ください

 3.講師  秋山 豊寛  氏

  【プロフィール】日本ジャーナリスト、ソビエト連邦第3級宇宙飛行士、京都造形芸術大学芸術学部教授

   元TBS記者・ワシントン支局長。TBSに勤務していた1989年から1990年にかけて、民間人では初めて

   商業宇宙飛行を利用するとともに、ジャーナリストでは初めて宇宙空間から宇宙を報道。現在は、初めて

   宇宙に行った日本人として、宇宙探検家協会(ASE、“宇宙飛行を経験した宇宙飛行士”の国際団体)の

   会員にもなっている。地球帰還後、TBSを退職し、1955年から福島県に移住し、持続的な社会を構築する

   「あぶくま農業者大学校」を主宰。自身もひとめぼれなどの米の無農薬栽培を手掛ける一方で、「宇宙飛行士」

   の肩書で、環境についての講演や本の執筆活動をこなしてきた。2011年3月に福島第一原子力発電所事故

   発生を受けて、福島県から群馬県に避難。避難先でコシヒカリの無農薬栽培を試みるかたわら、“原発難民”の

   立場から折に触れて原子力発電所放射能に関する意見も披露している。また、同年11月1日付で京都造形

   芸術大学の芸術学部教授に就任したことを機に、2012年からは京都府内へ移住している。

 4.内  容

   メデイアの世界や宇宙飛行士として活躍したあと、持続可能な社会を理念とする「あぶくま農業者大学校」を創設し、

   農業も体験している秋山氏が、みえてきた「地球の未来」について語られます。何を私たちが本当に大切にしなけれ

   ばならないのか、子供たちに何を残さねばならないのか、様々な観点からお話されます。

  5.定 員  100名 (申し込み順⇒定員になり次第締め切ります)

  6.参加費   無 料 (当協会会員各校の拠出金と東京都私学財団からの補助金で運営されております)

参加申し込みは終了させていただきました。お申込みありがとうございました。

実施案内はこちら