10/22(月)実施 社会「『歴史総合』をどう構成し、どう教えるか」

2018-09-06

文系教科研究会(社会)「講演会」のご案内

※申し込み受け付けは終了いたしました

-「歴史総合」をどう構成し、どう教えるか -

新科目「歴史総合」については、その内容や教え方について疑問や不安を持たれている

先生方も多いかと存じます。

そこで今回は、シンポジウム等で「歴史総合」の方向性に関する講演を行われている

君島和彦先生(東京学芸大学名誉教授)にお越しいただき、「歴史総合」の構成、

また実際にどう授業で教えていくのか、という点を中心にお話しいただく予定になっております。

新科目に関する情報が少ない中、先生方にとっても貴重な機会になると考えております。

校務多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、奮って参加くださいますよう

ご案内申し上げます。




1.日時:平成30年10月22日(月)18:00~20:00(予定)※受付開始17:30より

2.会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

3.演題:「歴史総合」をどう構成し、どう教えるか

4.講師:君島和彦先生(東京学芸大学名誉教授)

5.定員:80名

6.参加費:無料




実施案内はこちら