3/15(火)実施 国語「授業研究会」のご案内

2016-01-28

※定員に達しましたので申し込み受け付けは終了いたしました

平成27年度文系教科研究会(国語)「授業研究会」のご案内

文系教科研究会(国語)では、指導上の創意・工夫や授業への応用、実践活動の報告等

を発表していただき、ご参加の先生とともに学ぶ「授業研究会」を下記により開催いたします。

校務ご多忙の折とは存じますが、お誘い合わせのうえ、ご参加いただきたくご案内申しあげます。



1.日時:平成28年3月15日(火)14:00~17:00(予定)

※受付開始13:30より

2.会場:かえつ有明中学高等学校2階「会議室A」

江東区東雲2-16-1(りんかい線「東雲」駅 徒歩8分)

3.報告者・教材名等(※敬称略 当日の発表順とは異なる場合があります)

分野は①小説②評論③詩・短歌・俳句④古典

齋藤 祐 先生(中央大学杉並高等学校) ①芥川龍之介「羅生門」

「国語総合現代文分野の定番教材である「羅生門」を生徒主体のアクティブラーニング

実践として試みた内容を報告。」

大津 貴寛 先生(光塩女子学院中・高等科) ③④「歌合」をしてみよう

「和歌・短歌の世界に親しむことを目的に、実際に生徒達が「歌合」にチャレンジする。

「歌合」の素材として現代短歌を用い、グループにわかれて、それぞれの方人となり、

自分の側の歌の良い点、相手方の歌の良くない点などを議論して発表する。発表を

聞いた上で、個々が判者となり勝敗を決する。」

4.講評:大妻女子大学准教授 五味渕 典嗣 先生

【プロフィール】専門は近現代日本語文学・文化研究。著書に「言葉を食べる谷崎潤一郎、

一九二〇~一九三一」(世織書房、2009)など。

5.定員:60名(定員になり次第締め切らせていただきます)

6.参加費:無料

実施案内はこちら