文系教科研究会(社会)「歴史巡検」のご案内

2013-06-21

本研修会は、申込みを締め切りました。

 標題にありますように文系教科研究会(社会)では日帰りの歴史巡検を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

 今回訪れる館山市は、市内に残る文化財や戦争遺跡を活用した街づくりを積極的に展開しており、「地域まるごとオープンエアミュージアム・館山歴史公園都市」を目標像としています。東京湾の湾口部に位置する館山市は、東京・横須賀防衛の最前線として、当時は戦略上重要な役割を担っており、館山海軍航空隊、館山砲術学校、洲崎砲台などが設置されました。現在、総延長2kmにもなる赤山地下壕をはじめ、館山海軍航空隊に関連する戦争遺跡が多数残っており、平和教育を考えるにあたり示唆するものが多く含まれております。今回の巡検でお世話になるNPO法人安房文化遺産フォーラムは、戦争遺跡をはじめとする文化財を活用した教育活動や、これら文化財の保存運動と地域課題解決のまちづくりに取り組んでいる組織で、講演と戦跡ツアーガイドをお願いしています。フィールドワークでは、NPOのご協力で見学が可能になる場所もございます。

 先生方におかれましては学校行事や募集業務等でご多忙とは存じますが、皆様お誘いあわせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

               

            記 

1.日時   平成25年8月23日(金) 8:00~18:00

         集合:アルカディア市ヶ谷前(靖国通り側) 8:00 

         解散:アルカディア市ヶ谷前(靖国通り側)18:00頃 

2.定員   約20名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります) 

3.参加費  3,400円(昼食費、資料代、旅行傷害保険料、諸雑費を含む)

4.行程   アルカディア市ヶ谷(8:00発) ⇒ (首都高速・東京湾アクアライン・館山道経由)⇒ 館山市(10:00着) ⇒10:15 講演、昼食[幸田旅館] ⇒ フィールドワーク

        (赤山地下壕、宮城掩体壕、噫従軍慰安婦の碑[かにた婦人の村内]) ⇒ アルカディア市ヶ谷(18:00頃着) ※事情により変更することがあります。

※申込み方法や参加費のお振り込みなど、詳細は下記の実施案内をご参照ください。

実施案内はこちら