2/20(土)実施 生物『北の大地の水族館』オンライン見学研修会

2021-01-28

『北の大地の水族館』パンフレット

―申込は締め切りました―

この度は、北海道北見市にある『北の大地の水族館』のご協力を得て、オンラインによる水族館見学会を開催いたします。新型コロナウイルスの影響により部活動や校外活動、自然観察会の実施が難しくなる中、各学校でも理科教育の方法に試行錯誤されていることかと存じますが、「オンラインだからできることもある」ということを体験していただくため企画いたしました。
最低気温がマイナス二桁になる日が増え、先日完全結氷した「世界初の冬に凍る四季の水槽」、北海道にしか生息しない幻の巨大魚「イトウ」の他に、「日本初の滝つぼ水槽」ではオショロコマ・ヤマメ・アメマスといったサケ科の仲間を見ることができます。また今回、水族館館長のご厚意により一般公開されていないバックヤードの見学・ご説明もあります。
コロナ禍における「施設見学の工夫」の体験は、生物担当教諭や生物部・科学部の顧問はもちろん、探究教育や校外活動をご担当されている多くの先生方にとって、知見を広げることができる非常に貴重な機会になるかと存じます。大変ご繁多の折とは存じますが、是非お誘い合わせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

1.日時 令和3年2月20日(土)17:00 ~18:00 (ログイン受付16:45~)

2.会場 オンライン Zoomミーティングにて実施

3.研修内容 『北の大地の水族館』展示と展示生物の解説 及び バックヤードのご案内(水族館のしくみ)
◎極寒の北海道で、普段観察することができない氷の下や滝つぼの中の魚の生態を観察する。
◎オンライン見学の例を体験し、コロナ禍での自然科学分野における学びの手段を増やす。
◎限られた条件下でも工夫によって成功した施設の例を知り、探究・研究活動の指導に活かす。
詳細は実施案内

4.参加費 無料(当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております)

5.参加方法 2月16日(火)以降に、申込時にご入力いただいたアドレス宛にZoomミーティング登録用のURL等、本研修会参加に際して必要な事項を記載したメールをentry@tokyoshigaku.comよりお送りします。2月18日(木)までに届かない場合はご連絡ください。

6.準 備 品  Zoomミーティングでの研修会となりますので、ウェブカメラとマイク、スピーカーが接続・内蔵されているパソコンやタブレット等をご準備ください。

7.その他   本研修会は当研究所の初任者研修プログラム修了認定に該当する【初任者推奨研修】です。(研修内容が初歩的であったり、参加者を初任者の方に限定するものではありません)

オンライン研修にあたってのお願いと注意事項をご確認いただきますようお願い申し上げます。
※Zoom利用が初めての場合は、当日研修で使うインターネット環境とPC等を使って、事前に接続テストを行うことをおすすめします。
テスト用URL( http://zoom.us/test )
※新型コロナウイルス感染拡大の影響や災害等の事由から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。何卒ご了承ください。