3/13(土)実施 化学「実験研修会」『準備が容易な生徒実験・演示実験の紹介』

2021-01-28

―定員に達したため、参加申し込みは締め切りました―

寒冷の候 先生方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
コロナ禍によるオンライン授業の期間を経て、双方向性のある新しい形の授業を生徒達と作っていこうという先生方の熱意が高まっていることと存じます。
理科の授業では実験が不可欠ですが、学校によっては、これまで通り実験室を使用することが難しい状況にあるのではないでしょうか。
そこで理数系教科研究会では、福岡大学理学部の松岡雅忠先生をお迎えし、下記の研修会を実施いたします。
今回の実験研修会は、生徒の自宅でできる実験や、準備が容易なマイクロスケール実験(中高理科(化学)分野)をオンラインで行うことを目標に企画いたしました。
先生方のお手元に実験キットをお送りしますので、意見交換しながら楽しく進めていきたいと考えています。
松岡先生より、授業資料や溶液の調製方法もご紹介頂きますので、今後役に立つ場面も多いのではないでしょうか。
校務多忙の時期とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
1.日 時  令和3年3月13日(土)14:00~16:00(ログイン受付13:45~)
2.会 場  オンライン Zoomミーティングにて実施
3.内 容  『準備が容易な生徒実験・演示実験の紹介』
4.講 師  松岡 雅忠 先生(福岡大学 理学部化学科 准教授)
【プロフィール】
都内私立中学・高等学校教諭を経て、2020年4月より現職。
研究室では「触媒・試薬の固定化」をテーマに教材開発を進めている。
また、検定教科書の執筆、日本化学会「化学と教育」誌編集委員を務めるかたわら、理科系クラブ活動のアドバイスや研究発表会の運営なども行っている。
5.定 員   20名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)
① 都内私立中高の教職員の方のみお申込みできます。
② 校長(研修派遣責任者)の許可をお取りになってからお申込み下さい。