10/31(土)実施 社会「新型コロナ禍における実践発表と情報交換」

2020-09-25

※申し込み受け付けは終了いたしました

初秋の候 先生方におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

新型コロナウイルス流行による休校や分散登校などが続き、各校では異例の対応に追われていたことと存じます。先が見えない状況の中で、今後の社会科・公民科教育のあるべき姿を再考すべきだと感じた先生も多いのではないでしょうか。

そこで今年度の研修会は、他校の先生の取り組みを知ることが今後の教育活動の参考になると考え、新型コロナ禍における社会科・公民科の授業の実践例について、情報交換の機会を設けました。最初に国際基督教大学高等学校の鵜飼力也先生に具体的な取り組みをご発表いただき、次にご発表をふまえてのグループディスカッションを、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使って行います。

感染防止の観点に加え、新型コロナウイルスへの対応により、負担が増している教育現場にある先生方にとっても、安心して情報交換が可能で、移動の不便もなくご参加いただけるよう今回はオンラインでの実施と致しました。校務ご多忙の折とは存じますが、多くの先生方のご参加をお待ちしております。



1.日  時  令和2年10月31日(15:0017:00(ログイン受付14:45~)

2.会  場  オンライン Zoomミーティングにて実施

3.発  表  者  国際基督教大学高等学校 鵜飼 力也 先生

4.定  員  80名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

5.参  加  費  無 料(当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております)

6.申込方法  10月22日(木)までに下記よりお申込みください。

7.参加方法  申し込み後(10月23日以降)、申込時にご入力いただいたアドレス宛に、Zoomミーティング登録用のURL等、本研修会参加に際して必要な事項を記載したメールをentry@tokyoshigaku.comよりお送りします。

10月28日までに届かない場合はご連絡ください。

8.準  備  品  Zoomミーティングでの研修会となりますので、ウェブカメラとマイク、スピーカーが接続・内蔵されているパソコンやタブレットをご準備ください。

実施案内はこちら