令和2年度 研究協力学校事業のご案内

2019-11-21

当研究所では、令和2年度の研究協力学校を募集いたします。

教育の情報化や新学習指導要領への対応など、教育改革が進む中、会員校に

おかれましては、様々な私学の独自性や先進性のある教育研究活動に取り組

まれていることと存じます。

本制度は、そのような会員校における教育研究活動に対し、学校設置者負担

の軽減助成をおこなうことにより、貴校教員の資質向上及び教育研究活動の

充実を図り、その成果を東京私学全体で共有し、私学教育のさらなる発展を

目的としています。ぜひご利用いただきますようご案内申し上げます。



1.事業目的:学校毎の教育実践研究の向上を図るとともに、協力校はその

成果を発表会等を通じて会員校に供する。

2.研究主題:教育実践に役立つもの。なお、一教科に関する研究でも可とする。

3.研究組織:多数の校内教員が参加し、学校の組織として研究を行うもの。

教科に関する研究の場合は、原則として、当該教科全教員が研究に参加すること。

4.研究期間:①令和2年度(1年間の研究)②令和2・3年度(2年間の研究)

どちらかの期間を選択すること。

5.募集校:研究期間①3校程度・研究期間②3校程度

6.研究費(助成額)年度毎に50万円を限度に交付(2ヶ年継続の場合は最大

100万円)但し、研究に要する経費のうち、助成対象経費以外の経費及び限度

額を超える経費は、当該学校設置者負担とします。

7.申込期限:令和元年12月16日(月)までにお申し込みください。

※詳細につきましては、下記「事業のご案内」をご覧の上、申込書(様式第1号)

研究計画書(様式第2号)を研究所宛にお送りください。

事業のご案内はこちら

申込書(様式第1号)はこちら

研究計画書(様式第2号)はこちら