5/13(月)実施 初任「全体研修会」

2019-03-14

―お申込みは締め切りました―


21世紀の今日、グローバル社会が身近なものとなり、ICTや人工知能(AI)が普及する社会において、学校教育も大きな変革を求められています。今後必要とされる教育の在り方が問われる中、私学人として、建学の精神に根差した教育をどう実践していくべきか、私学教育を共に展望してみませんか。

そして「生徒をどう見るか」というテーマで演習も行い、教員が一番大事にしなければならない生徒との関わりについて皆で学びます。
変革期を迎える学校教育を見据え、これからを担う生徒たちと日々どう関わるか。先生方が長い教師生活をスタートするにあたって、未来の私学教育や私学教育の魅力について考える貴重な機会にもなることと存じます。




1.日 時 2019年5月13日(月)17:45~20:45(予定)
※ 受付開始:17:30

2.会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室 千代田区九段北4-2-25

3.参加対象 新規採用教諭・養護教諭・非常勤講師等(教職経験原則3年以内までの方を対象とします)

4.内 容
① 挨拶と講話 「私学教育の魅力 -変革期の私学教育の展望-」
一般財団法人東京私立中学高等学校協会 副会長 長塚 篤夫


② 説 明 「初任者研修の年間プログラムについて」
初任者研修委員長 原田 泰宏


③ 演 習 「生徒をどう見るか」
玉川聖学院理事 水口 洋


実施案内はこちら