3/7(木)実施 資質「講演会」 歌舞伎 ~ “らしさ”の芸術 ~

2018-12-13

申込受付は終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

東京私学教育研究所では、教職員資質向上研修の一環として、「教育分野にこだわらず、見聞を広げる」
という見地から、年に一度学際的な研修会を企画しており、今年度は、講師として
歌舞伎役者の立花 志十郎氏をお迎えし、講演会を実施いたします。
_
歌舞伎は、江戸時代から庶民の娯楽として親しまれ、その後も舞踊・音楽・舞台装置など
幅広い技術と伝統の粋を結集した総合芸術として発展を遂げてきました。
_
今回は、その伝統的な歌舞伎の魅力はもとより、歌舞伎の持つ“らしさ”の追求、さらには
マンガ文化との接点まで、成人後に歌舞伎の世界に入られた立花氏ならではの視点で、
「歌舞伎」の素顔についてお話しいただきます。
_
また、ご参加のみなさんにも、じかに本物の芸に触れていただく機会を設け、楽しんでいただきたい
思っております。奮ってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。



参加対象 特に限定しません。(初任者から中堅教員、管理職の方まで参考となる内容です)

1.日 時  平成31年3月7日(木)18:00~20:00(受付開始17:30~)

2.会 場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

3.講 師  NPO法人伝統文化みらい塾代表/みらい座歌舞伎主宰

.____________日本舞踊宗家立花流師範 立花 志十郎

4.定 員  40名

5.参加費  無 料

2月28日(木)までにWebもしくはFAXにてお申し込みください。

実施案内・FAX申込書はこちらから