6/7(木)実施 資質「危機管理研修」のご案内 ~保護者対応を中心とした現場教員のトラブル対応について~

2018-04-12

申込受付を終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

教職員資質向上研修では例年好評をいただいております危機管理研修を、

日本女子大学教授の坂田仰先生を今年度もお迎えし実施いたします。

学級担任や教科担当、部活動などの課外活動の顧問をはじめ、

教員は学校教育の現場で起こるさまざまなトラブルに対応しなければなりません。

しかし、その対応がますます難しくなってきているように感じます。

そこで今回も、その中でも特に保護者対応に焦点を絞り、最新の事例を含め紹介していただきます。

生徒の活動の場である学校と生活の場である家庭の連携を強化するためにも、

現場にいる教員が時代に即した対応を共有することがますます重要になってきていると考えます。

先生方に一度は学んでいただきたい内容ですので、ご講演内容に昨年度までと重なる部分が含まれることを

予めご理解いただきたく存じますが、まだの先生方におかれましては、この機会での受講をおすすめいたします。

校務多忙の時期とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。



1.日  時  平成30年6月7日(木)18:00~20:00 ※受付開始17:30より

2.会  場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)

3.講  師  日本女子大学教職教育開発センター 教授 坂田 仰(さかた たかし)先生

4.定  員  60名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

5.参  加  費  無 料(当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております)

実施案内はこちらから