HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修  New
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科  New
芸術体育系教科  New
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育  New
国際理解教育  New
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
平成28年度 教頭部会のご案内

2016-05-26

私学経営研究会(教頭部会)

※申込受付は終了いたしました

これからの21世紀社会は予測困難な状況が待ち受けていることは、言うまでもないことです。特にITの進化・発展は社会と私たちの暮らしに世界規模で大転換期をもたらしています。現在わが国の教育に求められているのは現代社会の一員として健全な社会生活を営むことのできる若者の育成と、同時にグローバルリーダーとしての人材づくりの教育を真摯に実践していくことだと思います。でなければ国家存亡の危機は決定的でありましょう。ですから先進諸国は時代を認識するなかで「現在」と「未来」を意識しながら教育にイノベーションを起こしつつ大転換期にたいしての備えを常に怠らないのです。
政府・文部科学省・中央教育審議会等々を中心として教育制度改革や次期学習指導要領の議論が進められているなかで、中高の現場では2020年の大学入試制度の変更や文科省が指導方法まで明記すると言ったアクティブ・ラーニングについて、憶測と情報が飛び交う中で不安を感じている学校現場が少なくないと聞いています。それは研修会が「学びのスタイル」が中心に行われているからです。学びのスタイルは40パターンほどありますが、ファシリテーターによっては、その中の幾つかのパターンを使って研修を行い、全貌を見せない場合が多いのです。しかし授業現場においては、生徒の「思考のレベル」「精神の発達段階」に合わせて、その40の学びのパターンを知ったうえで、幾つかを取捨選択し、組み合わせていく必要があります。また「問題の解き方」と「思考力のレベル」、「発想術」の違いを意識して、ダイナミックに組み立てていく必要があります。
今夏の研究会では多様なアクティブ・ラーニングの本質に迫り、参加の先生方とワークショップを中心に研修を実施したいと考えております。奮ってご参加のほどよろしくお願いいたします。

1.研究目標  「アクティブ・ラーニングを考える」

2.会  期  7月28日(木)・29日(金)・30日(土)の2泊3日(現地集合・現地解散)

3.会  場  山翠楼(神奈川県奥湯河原温泉)
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上673
TEL:0465-63-1111  http://www.sansuirou.co.jp/
(案内図を参照ください。)

4.参加対象  副校長、教頭及びこれに準ずる教諭

5.募集定員  60名

6.参加費  1名につき 52,000円
(3名1室利用。宿泊費〈2泊5食〉、資料印刷費、懇談会費)

7.日  程  7月28日(木)13:00受付開始  13:30より開会式
7月30日(土)11:30閉会式終了予定

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.