HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
実践学園公開研究発表~PISA型コミュニケーションデザイン教育を核とした総合学習教育

2010-10-08

実践学園中学・高等学校研究発表会

 平成21・22年度2ヵ年にわたり、当研究所の研究協力学校として研究していただいた成果の発表です。

多数ご参加下さいますようご案内申しあげます。

                    記

1.       研究主題

 PISA型コミュニケーションデザイン教育を核とした総合学習教育について

― 多元的共生社会でリーダーとして活躍できる人材育成教育 ―

2.       期   日  平成221120日(土) 13:30 ~ 15:40

                   *(受付は 13:00から行ないます)

3.       会   場  実践学園中学・高等学校  視聴覚室(2号館3F)

4.       研究要旨

21世紀においては、情報化技術の急速な進化により、経済・社会のグローバル化が一段と進展するものと考えます。

これらの経済・社会情勢を踏まえ、本学園としては中学・高校の教育の中で、さまざまな価値観を認め合いながらも、

自分の意見や思いを正確に他者に伝え、同時に他者の考えを正確に聞き取り、相互関係を円滑・適正に築き上げる

ことができる人材の育成が急務であると考えております。このような観点から、本学園では生徒を多元的共生社会の

中でリーダーとして活躍できる人材を育成していくために、昨年度より『「コミュニケーションデザイン教育」を核とした

総合学習教育』を実施し、展開してきました。このコミュニケーションデザイン教育は、生徒の対人関係をより互恵的な

関係にし、社会との結びつきを常に意識して、「かかわる力」「共感する力」「(コミュニケーションの)場をつくる力」を

具体的な育成すべき能力として捉え、授業に組み入れてきました。この考え方でカリキュラム化をし、生徒個々人の

コミュニケーション能力をいかに育成し発揮できるか、さらに、この授業をとおして多元的共生社会の担い手をいかに

養成できるか等の研究をしてきました。このコミュニケーション力を重視した「実践学園PISA型コミュニケーションデザイン教育」

についてのご報告をいたします。

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.