HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修  New
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科  New
芸術体育系教科  New
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育  New
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
学校図書館研究会「見学研修会」

2012-04-12

  学校図書館研究会「見学研修会」のご案内

-教科との連携を考える:玉川聖学院情報センターの報告から-

 新年度を迎え、色とりどりの花が咲きそろう季節となりました。

 今年度はじめの学校図書館研究会を下記の通り開催致しますので、皆様にご案内申し上げます。

今回は、授業利用が活発な玉川聖学院の情報センターを見学させていただき、中学3年生の修了論文を例に挙げて、

教科の授業における教員・生徒に対する学校図書館の働きかけについてお話を伺います。

校務ご多忙の時期と思われますが、多くの先生方のご参加をお待ち致しております。

                     記

1.日   時  平成24年5月26日(土)14:30~16:45(受付14:00~)

             【図書館見学 16:15~16:45】
           (受付から開会までの間も自由に見学いただけます)

2.会   場  玉川聖学院 情報センター(図書館) 

          〒158-0083  東京都世田谷区奥沢7-11-22    TEL 03-3702-4141

3.内   容  「必要とされる情報センターになりたい!

            ~中学3年修了論文を通じて働きかけていること~」

生徒たちの生活の中にインターネットが浸透し始めた頃、2000年に本校図書館は「情報センター」として開館した。

その数年後に、社会科で行われてきた中学3年生の修了論文が学校全体で取り組まれることとなった。

しかし「論文」を書くのに図書館が活用されているようには思えなかった。生徒たちはどのように論文を書いているのか。

そもそも本当に論文が書けているのか。様々な教科との連携、特に修了論文という大きな課題に図書館がどう係わっていくのか、

なぜ係わるべきなのか。これまでの取り組みと模索の現状を報告したい。

4.定   員  35名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)

5.参 加 費  無 料(当協会会員各校の拠出金と東京都私学財団からの補助金で運営されております)

6.申込方法  5月18日(金)までに、Web、FAX、郵送のいずれかにてお申込下さい。

7.お願い   貴校発行の「図書館だより」など、図書館発行の資料がございましたら、45部ほど当日ご持参ください。

         なお、資料をご持参いただく代わりに、開催の1週間前(5/19)までに「東京私学教育研究所学校図書館研究会」宛に

         送付していただくこともできます。(期限厳守でお願いします)資料は、ご参加の皆様に配付いたします。

8.参加者名簿配付について        参加者の交流のため、研修会当日に、参加者の学校名と氏名を記載した「参加者名簿」を配付

                      させていただきます。名簿への記載を希望しない場合、必ず申込書の「不可」に○をつけてください。

実施案内はこちら

※定員に達しましたので、申込を締め切りました。多数のお申込ありがとうございました。

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.