10/27(土)実施 図書「研修会」のご案内

2018-09-06

-レファレンス協同データベースの利活用-

今年度3回目の学校図書館研究会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

今回は、国立国会図書館関西館より図書館協力課担当職員の方をお招きし、国立国会図書館の

レファレンス協同データベースについて、事業の概要から機能の紹介、利活用の方法と事例などを

お話ししていただく予定です。

レファレンス協同データベースには、「レファレンス事例」、「調べ方マニュアル」、「特別コレクション」

といったデータが登録されていますが、今回はこの中でも、パスファインダー(特定のテーマに関する

文献や情報の探し方・調べ方の案内)として学校図書館でも活用できる「調べ方マニュアル」を中心に

ご紹介いただきます。

当日は実際に会場のコンピュータを操作しながら、レファレンス協同データベースを使った検索や

その登録方法などを体験することができます。

校務ご多忙の時期と思われますが、皆様のご参加をお待ちいたしております。



1.日   時  平成30年10月27日(土)15:30~17:30(受付15:00~)

2.会   場  西武池袋本店別館9階 池袋コミュニティ・カレッジ内「PCカレッジ」29番教室

*当日の緊急連絡は、℡ 090-4432-2886(研究所携帯)にお願いします。

*案内図参照

3.講   師  国立国会図書館 関西館 図書館協力課 担当職員

4.内   容  レファレンス協同データベースについて、事業やデータベースの概要、

参加、利用方法と利活用事例の紹介をします。(レファレンス協同データベースは、関西館図書館協力課の事業です)

5.定   員  約25名 (申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切らせていただきます)

6.参 加 費  無料(当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております)

7.お願い  貴校発行の「図書館だより」など、図書館発行の資料がございましたら、約30部

当日ご持参ください。資料は、ご参加の皆様に配付いたします。

実施案内はこちら

※定員に達しましたので、お申込みは終了いたしました。