平成27年度 教師のためのカウンセリング基礎講座のご案内

2015-06-18

※本研修会は、申込みを締め切りました。

私立中学高等学校の教師が日々接する生徒たちは、思春期から青年期にかけての不安定なさなかにあり、その対処の難しさは教師なら誰しも感じていることと思います。

加えて昨今は、いじめや不登校ばかりでなく、対人関係やコミュニケーションの問題、発達障害が関係する問題など、さまざまなことが教育の現場でおこっています。

また、不安やストレスを感じている生徒も増えてきています。これらの問題とともに、保護者の対応も難しくなってきています。

本講座は、教育現場での諸問題に対して、カウンセリング的な視点を身に付け、生徒理解を深めることを目的としています。

今年度は、裏面の通り、精神医学や心理臨床の第一線で取り組んでおられる専門家や学校教育相談研究会委員による講義及び演習を企画いたしました。

所定の研修を終えられた方には、最終日に基礎講座修了証をお渡しします。ふるってご参加くださいますようご案内申しあげます。

なお、当研究会は、体験的な学習を通して、カウンセリング的アプローチを実践できる教師の養成をめざす講座(2月頃募集予定)も開催します。

この講座への参加は、基礎講座を修了することが条件となっております。



1.参加条件  都内私立中学高等学校に勤務する教職員であり、全ての講座に参加できること

2.日時・内容 下記の通り

日  時  ・  内  容 第1回 9月11日(金) 18:00~20:30○開講式「生徒指導とカウンセリング」学校教育相談研究会 委員
第2回 9月25日(金) 18:00~20:00「生徒理解のための基礎知識Ⅰ」(発達障害、精神疾患を見逃さない)社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所児童福祉・精神保健研究部部長兼愛育相談所所長 齊藤 万比古 先生
第3回 10月 9日(金) 18:00~20:00 「生徒理解のための基礎知識Ⅱ」(様々な問題行動をどう理解するか)社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所児童福祉・精神保健研究部部長兼愛育相談所所長 齊藤 万比古 先生
第4回 10月23日(金) 18:00~20:00 「生徒理解のために身につけたい傾聴の態度と技法」元関東学院中学校高等学校 カウンセラー 橋本 幸晴 先生
第5回 11月 6日(金) 18:00~20:00「対話の基礎Ⅰ」(日頃の生徒との関わり方をふりかえる)学校教育相談研究会 委員
第6回 11月20日(金) 18:00~20:30  「対話の基礎Ⅱ」(生徒とのより良い関係づくりを学ぶ)  学校教育相談研究会 委員○閉講式
3.会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

4.定員  50名(電話予約順⇒定員になり次第締め切ります)

※中・高合わせて1校2名まで(3名以上ご希望の場合は、事務局担当者にご相談ください)。

5.参加費  2,000円(参考資料代)※その他、当協会会員各校の拠出金と東京都私学財団の補助金で運営しております。

※参加費は、第1回(欠席の場合は第2回)講座受付時に現金にて申し受けます(お釣りの用意はありません)。なお、第2回講座終了時に参加費の受領を確認できない方は、参加キャンセルとして扱います。

6.付記  定刻より30分以上の遅刻又は早退は、理由の如何に関わらず欠席扱いとなります。

実施案内はこちら