平成26年度 教師のためのカウンセリング基礎講座のご案内

2014-06-12

私立中学高等学校の教師が日々接する生徒たちは、思春期から青年期にかけての不安定なさなかにあり、その対処の難しさは教師なら誰しも感じていることと思います。加えて昨今は、いじめや不登校ばかりでなく、対人関係やコミュニケーションの問題、発達障害が関係する問題など、さまざまなことが教育の現場でおこっています。また、不安やストレスを感じている生徒も増えてきています。これらの問題とともに、保護者の対応も難しくなってきています。

この基礎講座は、教育現場での諸問題に対して、カウンセリング的な視点を身に付け、生徒理解を深めることを目的としています。今年度も精神医学や心理臨床の第一線で取り組んでおられる専門家をお招きして、裏面のとおり講義や演習を企画いたしました。所定の研修を終えられた方には、最終日に基礎講座修了証をお渡しします。ふるってご参加くださいますようご案内申しあげます。

なお、当研究会では、体験的な学習を通して、カウンセリング的アプローチを身につけた教師の養成をめざす、「教師のためのカウンセリング実践講座」(2月頃募集、全18回)も開催しております。実践講座は、基礎講座を修了することが条件となっておりますので、本講座を受講されますよう、ご案内申しあげます。

*7月下旬以降に本講座の再通知はいたしません。この旨をご留意いただき、お早めにお申込みください。



1.参加条件  都内私立中学高等学校に勤務する教職員であり、全ての講座に参加できること。

2.日時内容  実施案内参照(全6回)

3.会  場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

4.定  員  80名(電話予約順⇒定員になり次第締め切ります)

※中学校・高校合わせて1校2名まで(3名以上は事務局までお問い合わせください)。

5.参 加 費  2,000円(参考資料代)

実施案内はこちら