8/21(火)実施 技家「講演会②」のご案内

2018-06-14

「家庭科教育における対話型授業の考え方とすすめ方」

標題にありますように専門系教科研究会(技術・家庭、家庭)では、対話型授業の活用に関する講演を

以下のように実施いたします。

今回、講師をお願いしました多田孝志先生は、家庭科教育においてこそ対話型授業の取り組みが生き、

家庭科が21世紀の教育の中核となる教科とお考えで、21世紀の教育実践として全国の小中高校で

模擬授業を展開されてきました。当日は、アクティビティも交えながら対話型授業の考え方とすすめ方について

ご指導いただきます。夏期休暇中の折ではありますが、多くの皆様のご参加をお待ちしております。



1.日   時

平成30年8月21日(火) 10:00~12:00(受付 9:30 )

2.会   場

アルカディア市ヶ谷 会議室 ( 千代田区九段北4-2-25 ℡03-3261-9921)

3.講   師

多田 孝志 先生 目白大学 名誉教授 / 博士(学校教育学)

金沢学院大学 教授 / 共創型対話研究所所長



プロフィール

東京学芸大学教育学部卒業、上越教育大学大学院学校教育学研究科修了東京都公立小学校勤務

クエート日本人学校・ベロオリゾンテ補習授業校勤務 目白学園中  学高等学校教諭

WEST VANCOUVER SCHOOL 教諭 目白大学助教授 帝塚山学院大学客員教授 青山学院女子短期大学

国文学科非常勤講師 学習院大学・立教大学大学院 異文化コミュニケーション研究科兼任講師

東京大学教育学部兼任講師

「グローバル時代の対話型授業の研究」(東信堂2017年)、

「教育のいまとこれからを読み解く57の視点」編集代表(教育出版2017年)他、著書多数

4.定   員

50名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります)

5.参 加 費

無料 (当協会会員各校の拠出金と(公財)東京都私学財団からの補助金で運営しております)

実施案内はこちら

※終了いたしました。