HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修  New
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科  New
芸術体育系教科  New
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育  New
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
理数系教科研究会(理科)「地学・講演会」

2010-11-04

今回の講演会は、東京大学生産技術研究所の沖大幹教授をお招きします。

沖先生は「バーチャルウォーター(日本が輸入している穀物、畜産物を自給したら、

どれだけの水が必要かという計算で出された水量のこと)」の研究を精力的に進めており、水ビジネス、

世界の水資源問題の解決のために新聞やTVなどのマスメディアでも積極的に発言されています。

また、水の利用が環境に与える影響の評価指標である、ウォーターフットプリント推計手法の国際標準化機構(ISO)に

日本から専門家として参加しているだけではなく、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)にも第4次報告書以来参加されています。

先生は、水や気候変動の問題は、理系の人間だけではなく文系の人間も関わっていかないといけないとお考えで、

そのために地学は文系理系に関わらず中等教育段階で学習すべき大切な科目だと主張されております。

講演ではそのあたりのお話もしていただく予定です。校務ご多忙の折とは存じますが、多くの先生方のご参加をお待ちしております。

                         記 

1.日  時  平成22年12月3日(金) 午後5時30分~午後7時30分 

2.会  場  早稲田大学高等学院  

3.演  題  「水や気候変動問題の解決には文系と理系の壁を乗り越えてこそ」  

4.講  師   沖  大 幹 (おき たいかん)先生 

          ※ 沖先生ホームページ http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/~taikan/taikanJ.html

5.募集人員  約30名 

6.参 加 費  無 料 

7.運営委員  竹 田 淳一郎(早稲田大学高等学院)

詳しくは下記実施案内をご覧の上、お申し込みください。

実施案内はこちら

※お申込みは〆切ました

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.