HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修  New
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科  New
芸術体育系教科  New
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育  New
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
6/27(火)実施 教務「講演会」アクティブ・ラーニングにおける評価 ~ルーブリックの活用

2017-05-11

定員に達しお申し込みを締め切りました。

次期学習指導要領では主体的・対話的で深い学びや探究的な学習が求められ、新たな評価方法の必要性が考えられています。大学入試改革では1点刻みの評価から別の形のものに変更しようとしています。そして、教育現場ではルーブリックやポートフォリオ評価等の理解と活用が以前よりもさらに大切になるものと思われます。そこで今回は、コアネット教育総合研究所所長の松原和之先生にルーブリックの活用についてのご講演をしていただきます。学校経営支援の分野でご活躍の松原先生のお話からは、各学校で新たな評価方法を構築するための示唆が得られることと存じます。



1.日  時      平成29年6月27日(火)18:00~20:00(質疑応答を含む)

2.会  場       アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

3.講  師       松原 和之 先生  コアネット教育総合研究所 所長

4.定  員       約100名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります)

5.参 加 費       無 料

6.申込方法       6月20日(火)までにお申込みください。

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.