HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
2/27(金)実施 国際「ホロコースト教育の実践」

2015-01-16

国際理解教育研究会「講演会」のご案内

「ホロコースト教育の実践」~広い視野と寛容な心を育むために~

※申し込み受け付けは終了いたしました。お申込みありがとうございました。

初春の候、先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申しあげます。

さて、本研究会では、NPO法人ホロコースト教育資料センター代表の 石岡 史子 氏を

お迎えしてご講演をいただきます。

先生方に大変参考になる講演会となることと存じますので、お誘い合わせのうえ是非ご参加

くださいますようご案内申しあげます。

1.日 時  平成27年2月27日(金)18:00~20:00(質疑応答含む)

※受付開始17:30より

2.会 場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

千代田区九段北4-2-25 電話03-3261-9921(代)

3.講 師  NPO法人ホロコースト教育資料センター代表 石岡 史子 氏

【プロフィール】東京生まれ。イギリスのリーズ大学院開発学部修士課程で南北問題

や人権・教育問題を学ぶ。1998年よりホロコースト教育センター代表。現代の子ど

もたちに、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人虐殺)の歴史を教材として、命や

人権を尊ぶ心、寛容な思いやりのある心を育んでほしいと願い、全国の学校で訪問

授業や展示の貸出を行う。児童書『ハンナのかばん』(第49回青少年読書感想文全

国コンクール課題図書)の訳者および登場人物。同書に描かれた教育活動に対して、

2004年、ヨーク大学(カナダ)より名誉博士号を授与される。現在、愛知教育大学

非常勤講師。

4.内 容  ①ホロコーストはなぜ起きたのか -「ハンナのかばん」を教材に

一人の少女ハンナ・ブレイディの生涯を追いながら、ホロコーストの

歴史をたどります。虐殺の悲惨さという「結果」ではなく、なぜ起きた

のかという「過程」に注目します。

②子どもたちからのよくある質問

全国900ヶ所で実施してきた学校訪問授業で子どもたちからあがった感想や質問を紹介します。

③ホロコースト教育の実践

世界への広い視野、寛容な心を育むための指導のポイントを紹介します。

5.定 員  50名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

6.参加費  無 料(当協会会員各校の拠出金と東京都私学財団からの補助金で運営しております)

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.