HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
芸術体育系教科研究会(美術)「見学鑑賞会」- ペルシャ絨毯の神髄に触れる -

2012-05-10

       - ペルシャ絨毯の神髄に触れる ~京都 祇園祭南観音山の前掛を例に -

新緑の候 先生方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 昨年、京都の祇園祭の山鉾、南観音山の懸装品として新調されたペルシャ絨毯の制作に

協力されたアリソレマニエ氏に、その歴史と魅力について実際に拝見しながらお話を伺える機会を得ました。

つきましては、校務ご多忙とは存じますが、お誘い合わせの上ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

                         記

1.日   時  平成24年6月30日(土)14:00~16:00(※受付:13:30より)

2.会   場  千代田トレーディング株式会社 Miri Collection Showroom   

3.内   容  869年貞観11年、東北で発生した貞観地震の年に祇園御霊会が創始されてから

  1143回を数える祇園祭は、当時の日本の国数66本の鉾を神泉苑にみたて、人々の安寧、

  疫病退散を祈って始められた、信仰が核となった祭りである。

  昭和23年に戦中途絶えていた祇園祭が本格的に再開されると、日本三大祭の一つとして

  多くの観客を集め、現在では32の山鉾が京都の街中を巡行している。

  山鉾連合会の理事長である吉田孝次郎氏によると、約25年前に祇園祭の懸装品である

  絨毯について、稀少性の観点から歴史的にどのような位置づけとされるか初めて専門家による

  調査が行われ、その結果、収蔵されている絨毯の数々の極めて高い稀少性が報告された。

   山鉾の懸装品には獅子舞やボタンの花、蝶や鳳凰、鶴など吉兆のシンボルが織りこまれた

  絨毯や織物が多くある。ペルシャからもたらされた絨毯もあり、当時より山鉾を彩ってきた。

  昨年、懸装品として新調されたミーリー工房の真珠織作品の文様や織、その意義について、

  またミーリー工房についてお話いただく。

4.講   師   アリ ソレマニエ 氏

5.定   員  20名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります) 

6.参加費用  無料

実施案内はこちら

※お申込を締め切りました。

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.