3/16(土)実施 美術 「実技研修会」紙を彫って描く「彫紙アート」を体験する(入門編)

2019-01-10

お申し込みを締め切りました。

今回は、一般社団法人日本彫紙アート協会から講師をお招きし、紙を彫って描く「彫紙アート」を体験する研修会を実施する運びとなりました。この絵画技法は林敬三氏によって近年考案され、何色もの重なった紙をナイフ一本で彫ることで絵画でありながらレリーフ的な表情をもつ新しい表現技法ということで数々のメディアでも注目されています。紙とナイフという身近な素材を扱いながらも、新しい表現を創造した指導者から直に学ぶことで、先生方の創作や指導法の見地を深める、大変有意義な研修会になると考えております。



1.日   時  平成31年3月16日(土)14:30~17:00(受付開始14:00)

2.会   場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室 千代田区九段北4-2-25

3.内  容   当日は入門編として花2種類、魚、フクロウのデザインから1点を選び、10色の紙から配色を考え、アートナイフで彫ります。仕上がった作品は持ち帰ることができます。

4.講   師  林 敬三 先生 妹尾(せお) めぐみ 先生 (一般社団法人日本彫紙アート協会JCA)

5.定  員    20名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります)

6.参 加 費   無 料

7.持 ち 物   細かい手元作業ですので、拡大鏡(メガネ)が必要な方はご持参ください。

8.申込方法  3月4日(月)までにお申し込みください。

実施案内はこちら