3/16(土)実施 特調『学校づくり研究会「報告会」』~20年後の私学を考える~

2019-01-24

特別調査研究会では、下記のとおり『学校づくり研究会「報告会」』を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。昨今、教育を取り巻く状況はグローバル化やICTの急速な進化をはじめとして加速度的に変化し、加えて私学では少子化問題や公立中高一貫校の台頭など、その環境の厳しさは増しています。そのような状況にあっても、私たち私立学校にとって、建学の精神に根差しながら不易流行をとらえて教育を行うことこそが最も大切なことであるのは言うまでもないことかと存じます。そこで当研究所 特別調査研究会では、「私学らしい教育とは何か?」「質の高い教育とは何か?」「人を育てることとは何か?」という根源的なテーマにじっくりと取り組む必要があると考え、平成27年4月に本研究会を立ち上げました。その後、現在に至るまで、月一回の例会を基本とし、「20年後の私学の在り方をもとめて」というテーマのもと、各委員が現場で感じていることを共有しながら、時には外部講師を招き、議論や研究を重ねてまいりました。当日は、基調講演、趣旨説明にて成果の一端をご報告するとともに、当研究会委員による5つのワークショップの展開、懇談の場も設けることで、参加者の皆さまと一緒に教育のあり様、未来、原点について思いを巡らすときになればと考えております。教育が変換点にある今、『20年後の私学を考える』という視点から、未来を生きる子どもたちに求められる力とそれを伸ばす教育のあり様について、私学の真価について、皆さまとともに議論を深めるよい機会になれば幸甚の至りです。



1.日  時  平成31年3月16日(土)16:00 ~19:30

第一部 報 告 会 16:00 ~ 18:00(無料)

第二部 教育懇談会 18:15 ~ 19:30(参加費1,000円〈自由参加〉)

2.会  場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室

3.内  容  『20年後の私学を考える』 プログラム・スケジュール

第一部 報告会 16:00 開会あいさつ

16:10 基調講演「『からだ』から考える20年後の私学」 梶取 弘昌 特別調査研究会委員長 (武蔵高等学校中学校 校長)

16:35 趣旨説明「『からだ』あっての「まなび」である‐学習と身体の関係を問い続けて‐」 武井 秀行 特別調査研究会副委員長(かえつ有明中学高等学校)

17:10 ワークショップ(特別調査研究会委員)

第二部 教育懇談会 18:15~19:30

4.定  員  50名

5.申  込  3月12日(火)までにお申し込みください。

実施案内はこちら

申込みは締め切りました。