文系教科研究会(社会)「歴史巡検」のご案内

2012-06-21

文系教科研究会(社会)では一日巡検を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

今回訪れる館山市は、市内に残る文化財や戦争遺跡を活用した街づくりを積極的に展開しており、「地域まるごとオープンエアミュージアム・館山歴史公園都市」を目標像としています。

東京湾の湾口部に位置する館山市は、東京・横須賀防衛の最前線としての戦中は、横須賀と並び戦略上重要な役割を担っており、館山海軍航空隊、館山砲術学校、洲崎砲台などが設置されました。

現在、赤山地下壕をはじめ、館山海軍航空隊に関連する戦争遺跡が多数残っており、平和教育を考えるにあたり示唆するものが多く含まれていると思われます。

               記 

1.日時  平成24年9月30日 (日) 8:00~18:00

         集合時間:9月30日 (日) 8:00〔時間厳守〕

         集合場所:アルカディア市ヶ谷前(靖国通り側)

         解散場所:アルカディア市ヶ谷前(変更することがあります) 

2.定員  約20名(申し込み順⇒定員になり次第締め切ります) 

3.参加費  3,300円(昼食費、資料代、諸雑費を含む)

4.行程  アルカディア市ヶ谷(8:00発)⇒(都心環状線・湾岸線・東京湾アクアライン[休憩]

       ・館山自動車道経由)⇒館山市(10:50着)⇒講演(11:00)・昼食

      ⇒フィールドワーク(アメリカ占領軍上陸地点・赤山地下壕・戦闘機用掩体壕など)⇒往路と同様 

5.運営委員  渡辺清志(日本大学第一中学高等学校)、湯澤貴通(京北中学高等学校) 

実施案内はこちら