HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
文系教科研究会(国語)「講演会」~国語教科書のなかの宮沢賢治~

2010-05-14

新緑の候、先生方におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平成22年度文系教科研究会(国語) 第1回「講演会」のご案内を致します。

今回は、講師に児童文学研究者の宮川健郎先生をお迎えし、「国語教科書のなかの宮沢賢治―『神話』からの解放のために―」という演題にて講演会を開催致します。

                記

1.日  時   平成22年6月28日(月)午後5時30分~7時30分

2.会  場   アルカディア市ヶ谷(私学会館)

3.演  題   国語教科書のなかの宮沢賢治 ―「神話」からの解放のために―

4.講  師   武蔵野大学文学部教授 宮川 健郎先生

5.募集人員  50名(定員になり次第締めきります)

6.参 加 費   無料

7.運営委員  大高 知児(中央大学附属中学校・高等学校)

◆講演者からのメッセージ    宮沢賢治の作品は、太平洋戦争後の国定教科書において、はじめて教材化されました(小学校4年に「どんぐりと山猫」、中学校1年に「雨ニモマケズ」)。その後、現在に至るまで、「雪渡り」「やまなし」「オツベルと象」「なめとこ山の熊」「永訣の朝」など、いろいろな童話や詩が小・中・高校で教材化されてきましたが、教科書やその指導書を見ると、作品の背後にある賢治の思想や生涯を読み取らせようという意図が明らかです。小学校の教科書には、賢治の伝記教材が掲載されることもあり(場合によっては童話とならべて一単元とする)、そうした意図をより強く感じます。そのなかで、「賢治」は神話化もされてきたのです。「賢治神話」から解放されて、いま生徒たちと宮沢賢治作品を読むことがどのようにして可能なのか、具体的に考えてみたいと思います。

詳細は下記、実施案内をご覧ください。校務多忙の折とは存じますが、多数の先生方の参加をお待ちしております。

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.