HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
文系教科研究会(社会)研究会「学び手が主体となる平和学習を創るには」

2011-01-13

 

 標題にありますように文系教科研究会(社会)では、研究会「学び手が主体となる平和学習を創る
には-方法・教材・目標論の再検討-」を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。
平和教育というものは、世界史をはじめ社会科教育と大きなかかわりがあります。しかしながら、中学
校・高等学校の教育現場では、なかなか授業内で取り扱うことができない、という声も聞かれます。多忙
な校務の中で、平和教育にまで手が回らない現状があるのではないかと思われます。
また、一方で授業スタイルの見直しについても、様々なところで議論されるようになってきました。つ
まり、教員の側から生徒に対して一方的に知識・情報を伝達する「講義型」授業の限界が叫ばれるように
なっております。生徒たちによる主体的な学習を目指すのであれば、これまで主流であった「講義型」の
みの授業からの転換が求められるべきでしょう。

 
 そこで今回は、大東文化大学において平和教育研究と実践を行われている杉田明宏先生をお招きし、ワ
ークショップやフィールドワークを取り入れ、それを表現活動へと結びつけた平和学習の授業実践につい
て映像も交えてご紹介いただき、学び手が学習の主体となっていくプロセスにとって必要な方法論や目標
論を考えたいと思っております。そして、中学校・高等学校での社会科教科教育のあり方について、ご参
加される先生方とともに、議論を深めたいと考えております。
校務ご多忙とは存じますが、お誘い合わせのうえ是非ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

 
                         記

 
1.日 時 平成23 年3 月3 日(木)午後6 時 ~ 7 時30 分

2.会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)会議室 

3. 演 題 「学び手が主体となる平和学習を創るには」-方法・教材・目標論の再検討-

4.講 師 杉 田 明 宏 氏(大東文化大学文学部教育学科)

5.募集人員 約40 名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

6.参加費用 無 料(当協会加盟各校の拠出金と東京都私学財団からの補助金で運営されております)

実施案内はこちら

※申込は締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.