HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修  New
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科  New
芸術体育系教科  New
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育  New
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
学校安全・健康教育研究会(防災対策)「見学研修会」のご案内

2012-09-11

当研究会では、横浜海上防災基地及び海上保安資料館横浜館の見学研修会を企画いたしました。

横浜海上防災基地は、昭和58年の中央防災会議の決定に基づき、関東地区の大規模な海上災害発生時における海上保安庁の防災活動の拠点として整備されました。平成7年8月4日から本格的な運用を開始しております。同基地は、災害時には指揮中核として巡視船艇、航空機等を迅速、効果的に運用するなど海上災害の拠点として機能する一方、平常時には、横浜海上保安部、船艇基地及び特殊救難訓練施設として使用されております。先般の東日本大震災においては、横浜海上保安部所属の巡視船も被災地に派遣され、支援物資の輸送や行方不明者の捜索などにあたりました。

また、基地に隣接している海上保安資料館横浜館は、日本周辺海域の現状や海上警備の重要性について、理解を深めてもらうことを目的に平成16年12月に開館しました。館内には、平成13年12月に九州南西海域で発生した工作船事件の船体が展示されているほか、ジャンパーや防水スーツなど乗組員が身に着けていた衣類、地図、菓子袋などの回収品も見ることができます。

              

               記 

1.日 時  平成24年10月19日(金) 14:00~15:30 

2.会 場  横浜海上防災基地及び海上保安資料館横浜館(現地集合、解散)

3.集 合  海上保安資料館横浜館 玄関前 13時45分(時間厳守)        

4.内 容  横浜海上防災基地及び海上保安資料館横浜館の見学

 5.定 員  20名 (定員になり次第締め切ります)        

6.参加費  無 料

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.