12/6(木)実施 保健「講演会」―自閉スペクトラム症の理解と支援―

2018-10-11

※本研修会は、申込受付を終了いたしました。




今回は、長年にわたり発達障害の臨床と研究に従事され、学術論文や著書も多数発表なさっております、

本田秀夫先生(信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授、信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長)

をお招きし、表題の通り、自閉スペクトラム症を抱える生徒の理解と支援について、ご講演いただきます。

ご講演では、ご著書の「自閉症スペクトラム―10人に1人が抱える『生きづらさ』の正体―」(SB新書、2013年刊)より、

自閉スペクトラム症の生徒たちが感じる「生きづらさ」の正体を考え、

自閉スペクトラム症の特性や学校現場で困る具体的事案とその対策、

また、障害にせずに社会参加していくためのヒントについてもお話しいただく予定です。

校務ご多忙の折とは存じますが、奮ってご参加くださいますようご案内いたします。



1.日 時  平成30年12月6日(木)18:15~20:15(受付17:45~)

2.会 場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)(千代田区九段北4-2-25)※裏面案内図をご参照ください。

3.演 題  「自閉スペクトラム症の理解と支援」

4.講 師  本田 秀夫 先生
信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授
信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長

5.定 員  約80名(申し込み順 ⇒ 定員になり次第締め切ります)

6.参加費  無 料

実施案内はこちら