HOME |

研究研修カテゴリー
企画運営
理事長・校長部会
教頭部会
夏期教務運営
夏期生徒指導
初任者研修
中堅現職研修
教職員資質向上研修
優秀教員表彰
研究協力学校
中学進学
企画運営
私学経営
特別調査
文系教科
理数系教科
芸術体育系教科
専門系教科
教務運営
生徒指導
進路指導
環境教育
生き方教育
学校教育相談
学校安全・健康教育
国際理解教育
学校図書館
情報教育・視聴覚教育
防災対策「合同講演会」-阪神・淡路大震災から学んだこと-

2010-10-07

 防災対策中央委員会並びに学校安全・健康教育研究会では、甲陽学院高等学校教諭の山内英正先生をお迎えし、「阪神・淡路大震災から学んだこと-学校は如何に対処したか-」との演題で、講演をしていただくこととなりました。

 阪神・淡路大震災の経験、そしてそこからの復興、またこれからの防災体制についての提言も伺えることと存じます。

 ご校務ご多用中のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、何卒ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

                        記 

1.日  時  平成22年12月2日(木) 午後5時~午後7時(質疑応答の時間を含む)

2.会  場   ルーテル市ヶ谷センター 会議室

3.演  題  「阪神・淡路大震災から学んだこと-学校は如何に対処したか-」

4.講  師   兵庫県西宮市 甲陽学院高等学校 教諭 山内英正 先生

5.定  員  70名(定員に到達次第締め切ります)

6.参 加 費   無 料

詳細は、下記実施案内をご参照下さい。

実施案内はこちら

acrobat reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Acrobat Readerの日本語版が必要になります。
お持ちでない方は、左のアイコンより、アドビシステムズ社のダウンロードページより取得下さい。

Copyright(C) 一般財団法人 東京私立中学高等学校協会 All Rights Reserved.